株式会社ROI

オフィスにいるときも遠方に出張するときも、楽しく気持ち良く仕事しています

営業本部 新規営業チーム リーダー

菅 航太

2013年8月入社

趣味 : フットサルだが、テレビゲームをしている時間の方が圧倒的に長い。好きなゲームはキングダムハーツ。

はじめの面接から楽しくて、
「この人たちと働きたい」と
強く思いました

僕は、前職はEC系の営業マンだったのですが、転職に際して業界にこだわりはなく、社内の人間関係を一番重視して求職活動をしていました。
その中でROIの面接をしたときに、面接なのに笑いを取ろうとする先輩や、その時は営業部長だった益子社長の熱意に触れて、「面白くて楽しそうな人たちだな」と感じ、この人たちと一緒に働きたい、と思いましたね。

今でも強く覚えていますが、一次面接で「最後に何かある?」と聞かれたんですよ。
普通なら、気になることがあれば追加で質問する場面ですが、先輩があまりに軽く聞いてくるので、僕は勘違いしてしまい、「一発芸があります!!」と答えて本当に一発芸をしました。いやー、若かったですね。
でも、それが大うけしました。それで次の面接に進んだら、今度は「最初に一発芸を見たいんだけど」と言われてビックリしましたね。そして、実際に見せたら大爆笑してくれたので、僕も楽しく、ノリノリで一発芸をやってしまいました。
それにしても、自己紹介よりはやく一発芸をする面接なんて後にも先にも僕だけだと思います。そうして面接を重ねていくうちに、「この人たちと働いたら楽しそうだ」という気持ちが強くなりました。
実際に入社したら本当に楽しくて、もう5年も経ったのが信じられないです。

ひとりの営業マンではなく、
「僕自身」を見てもらえることに
大きなやりがいを感じます

僕は新規営業チームに属しているので、ファンくるを導入してくれる新しい飲食店を開拓しています。勤務地は東京ですが、名古屋・福岡への出張も多いです。一カ月の内、8-10日は出張していますね。
新規営業なので、やはり大きな受注をした時はとても嬉しいし、やりがいを感じます。誰でも知っているチェーン店の部長さんや社長さんと直接お話しして、その会社の課題や成長イメージを聞き、より良いお店を作る手助けをするために、ファンくるを提案する。提案を受けて導入決定のご連絡を頂くときは、いつも飛び上がるほどに嬉しいです。

そして、新規受注と同じくらいやりがいを感じるのが、遠方のお客様に僕の名前を憶えてもらい、会うたびにかわいがってもらうようになることです。
毎月、その街の外食企業交流会に合わせて出張するのですが、福岡だともう3年経つので、合計36回行っている計算になります。それくらい通うと、ファンくる、というサービスを売るだけでなく、僕自身とお客様、という人間同士の関係値を作ることができます。

交流会に行くと僕は圧倒的に若いのですが、話のネタとして過去のミスをいつまでもいじられたり、出張中に時間を見つけてお店に食べに行くととても喜んでもらえたり、酔っぱらって本音を話してくれたりと、僕、という人間を見てもらえている、という嬉しさがあります。

みんな「良い人」。
オフィスにいるとホッとする、
気持ちの良い職場です

ROIの魅力は、なんといっても『人』ですね。
面接のときに一発芸をした話は、自分でも極端だと思いますが、そういう面白いことを全面的に受け入れてくれる空気感があります。
あとは、誰かの足を引っ張ったり、人を蹴落として自分の評価を上げようとか、そう考えている人が本当にいない。気持ちよく仕事をしている人ばかりなので、自然と自分もそうなれるし、みんなで良い雰囲気を作っていると思います。
自分が出張の多い仕事だからこそ、東京オフィスで働ける日はほっと気持ちが落ち着きます。
お客様と会ってお話しするのもとても楽しいですが、オフィスで働くのも楽しい。これは大切なことだと思いますね。

昨日はこんな1日でした
9:00

出勤 メールチェック

社内業務 資料整理、スケジュールチェック、提案資料の準備

10:00

新規提案のアポイント

12:00

昼食 社内にいた営業チームのみんなで外食

13:00

既存クライアントのアポイント

ファンくる導入後、1回目の定期面談

15:00

次回出張のための資料準備

18:00

ファンくるのアンケート設計、お客様からの問い合わせ対応 等

19:30

日報書いて退勤

★出張7つ道具★
・マイパジャマ(着心地が良いやつ)
・マイタオル(ないと寝られない)
・印刷した提案資料(多めに持っていく)
・歯ブラシ(マイ歯ブラシ)
・大量の名刺
・ケータイ、PC、ポケットWi-Fi等すべての充電器
・モバイルバッテリー(大容量)

“効率的な充電”が出張を制す!