株式会社ROI

エンジニアとして一段と成長できる環境に感謝しています

メディア本部 開発チーム

成田 真也

2018年5月入社

趣味 : カメラ・美術館巡り・読書・映画

自分が作ったシステムの反応を、
ダイレクトに感じられます

ROIは「ファンくる」という自社サービスを企画・運営している会社ですので、システムの仕様を考えるときに、ユーザーや社内のメンバーが実際にシステムを使うシーンをイメージしやすいです。またリリースした後は、自分自身で「ファンくる」を使って動作を確認したり、社内メンバーから直接フィードバックをもらえるので、自分の仕事に対する反応をダイレクトに感じることができます。

例えばマーケティングチームから「おかげで新しいキャンペーンがうまくいったよ」とか、サポートチームから「新機能が実装されたらとても使いやすくなったよ」等と言ってもらえると、とても嬉しくてモチベーションが上がります。そして、次はもっと良いものを作りたいと思いますね。

前職ではできなかったことが、
ROIならできるのが嬉しいです

前職では、クレジット会社に常駐して金融・決済系のシステム開発を行っていました。
旧システムから新システムへのデータ作成や移行のプロジェクトに関わったりと、金融ならではのミスが許されない環境は自分を成長させてくれたと感じています。
ただ、関るシステムが大きすぎて、自分の仕事がエンドユーザーにどう受け取られているのか、「誰に何のための」仕事をしたのか、どうも結果を把握できない状態でした。もう少しユーザーに近い仕事をしたい、と思ったのが転職活動のきっかけだったので、ROIの仕事内容にはとても満足しています。

今はまだ入社して日が浅いので、日々業務やサービスの理解を深めているところですが、いずれ、機能追加や機能改修のための社内会議で、「ここはこういう機能があった方が便利ですか」とか、「こういう仕様にすることもできますが、どっちの方が使いやすいですか」等、先輩エンジニアのように社内メンバーとディスカッションするスタイルにチャレンジしたいと思っています。

社内はみんな熱くて明るい人。
これからの自分が楽しみです

一口に「自社で企画運営しているサービス」と言っても、世の中には様々なサービスがあります。
いろいろな会社に面接に行きましたが、ROIが一番、熱心に自社サービス「ファンくる」について話してくれました。
将来こういう事をやりたいから、こういう人が欲しい。というチームやサービスのビジョンを熱くお話ししてくれて、「こんなに自社サービスを愛している人と一緒に働いてみたら楽しそうだな」と思いました。
更に、実際に開発チーム島に案内してくれ、コードや開発環境まで見せてもらって、ROIで働くイメージが一気に湧きましたね。

また、執務室全体もぐるりと見学させてもらったのですが、皆さんが元気に「こんにちは」と挨拶してくれたのを印象深く覚えています。みんな明るくて、雰囲気の良い会社だなと感じました。
今、他のチームの皆さんとの接点も増えてきましたが、どの人も会社やサービスが大好きで、その熱が伝染して自然と自分も前向きに仕事ができています。
僕自身、これからもっともっとROIや「ファンくる」が好きになる予感がしています。
来年、再来年の自分が今からとても楽しみです。

昨日はこんな1日でした
10:00

出勤

開発MTG・メール/社内ツールのチェック

11:00

他チームと進捗状況の確認MTG

13:00

ランチ

14:00

実務(コード作成)・開発チーム内の定例MTG等

19:00

日報書いて退勤