株式会社ROI

前向きで成長性のあるサービスとメンバーが魅力です

メディア本部 開発部 部長

糟谷 健

2014年2月入社

趣味 : サッカー観戦。好きなチームは、ヴィッセル神戸

ビジネスモデルに大きな魅力を感じました

転職活動を始めた時は、「ファンくる」というサービスを知らなかったのですが、実際に使ってみたりして、これは面白いサービスだ、と感じたのがキッカケでした。
面接時の説明を聞いて、飲食業を始め、どんなサービス業へもご提供できるサービスだなというイメージが湧きました。
また、自社で開発・運営しているサービスで他にないビジネスモデルだ、というのはとても魅力的でしたね。
個人的に、「自分が良いと思うサービスを自分の力でもっと良いサービスにできる」ところがエンジニアの醍醐味だと思っているのでとても期待を持って入社を決めました。

社内メンバーみんな明るく、情熱的で、前向きです!

現在の僕の業務内容は、会社全体でサービスの機能追加や、新サービスを開発する動きがあるときにその方向性に意見を出したり、現場のメンバーのタスク管理等をして、エンジニアとデザインチームのマネジメントが主な業務になります。
その他、システムに関する相談事を受けることも多いです。「困った時は糟谷さん!」という感じで、他部署から気軽に相談されるととても嬉しいです。また、その時にいろいろな意見を聞くことができるので、個人的にも楽しいですね。
システムを運用する側ではそう感じる人もいるんだ、と新たな発見があったり、各担当がサービス改善のために日々努力をしている姿を、とても頼もしく感じます。
そして、社員数は60人ほどとそれほど多くない中で、どんな状況でもみんな明るく情熱的で前向きなので、一緒に働いてとても楽しいメンバーばかりです。

僕たちと一緒に、もっと良い「ファンくる」を作りませんか

「ファンくる」は、世の中を変えるサービスだと思っています。レシートとアンケートを提出するだけで、飲食代がこんなに安くなるサービスは、他にないと思うんですよね。
みんなが「ファンくる」というサービスを知っていて、外食をする時は「ファンくる」を使ってお店を探す。それが当たり前の社会になればいいし、近い未来はそうなると思っています。
開発チームについて言えば、もっと技術力が高いチームにしたいですし、好奇心旺盛で成長意欲があるメンバーと、一緒に素敵なサービスを作っていきたいですね。
私がマネージャーとして先日メンバー全員に伝えたのが、「将来に楽をするための、足もとの努力は惜しむな」という言葉です。将来起こりえるかもしれないバグや機能追加を、今できる範囲で予見して動く、という意味もありますが、もっと伝えたかったのは、今精一杯の努力をしておくことが、将来のもっと楽しい仕事に繋がるよ、ということですね。
ROIのエンジニアは、モノづくりが好きな人が向いていると思っています。僕たちと切磋琢磨しながら、もっと良い「ファンくる」、もっと良い新サービスを一緒に作っていきましょう。
昨日はこんな1日でした
9:45

出勤 メールチェック

10:00

開発MTG

11:00

開発・各部署の週次MTG

13:00

開発チームのみんなでランチ

14:00

開発・各部署の週次MTG

17:00

資料作成・コードレビュー・開発絡みの相談ごと

19:30

日報書いて退勤