株式会社ROI

個性豊かなメンバーと「働きやすい」「話しやすい」チームを作っていきたいです

営業本部 新規営業チーム リーダー

五味 陽平

2011年8月入社

趣味 : ゴルフ。思い通りにならなくて難しいところにハマッてしまった。スコア100を切りたい。

メンバーが目標達成している姿を見る時が、
本当に嬉しいです

今は、私の業務工数の約90%はチームリーダーとしての仕事をしています。個人の数値目標もありますが、チームの目標をみんなで追う方が圧倒的に難しく、そしてやりがいがあります。

まずチームの数値目標があって、メンバーひとりひとりの個人目標があります。目標達成のためのファーストステップとして、メンバー全員とアクション計画を立てます。
それぞれの目標のためには何社何店舗の受注が必要で、そのためには何件の提案・何件の新規アポイントを取らなければならない。現状の時間の使い方で、それだけのアクションができるのか、ということをメンバーそれぞれと一緒に考え、計画に落とし込みます。こうしてアクション計画を立てたら、計画通りできているのか、定例会議を設けて丁寧に確認・振り返りをします。
メンバーが自身で定めたアクション計画を100%やりきって、立派に数値目標を達成した時は、本当に本当に嬉しいですね。

今、新規営業チームは6人のメンバーがいます。
みんな人一倍個性が強くて、原色ゴレンジャー!みたいな人たちです。なので口うるさいマネジメントはしないで、それぞれが持ってる赤・青・黄色といった特性を生かせるチームにしたいと思っています。

魅力は「人」。 
相談しやすいリーダーであることを
心がけています

うちの会社の一番の魅力は、「人」だと思います。
私はもともとROIの販売代理店の営業マンで、その代理店の解散が決まった時に声をかけてもらってROIに入社しました。その時から今までずっと、「いい人ばかりの会社」で、「自分に合っている」と感じています。

この「働きやすい環境」を新しい人たちにもしっかり伝えられるように、特にコミュニケーションに気を付けています。
チームに新入社員が入れば私から積極的に話しかけますし、向こうから「ちょっと良いですか」と聞かれたときは絶対に時間を取るようにしています。「忙しいリーダーなんだな」と思われると相談されなくなってしまって、コミュニケーションエラーになりかねませんからね。

ロボットやAIが広まると、覆面調査はもっと
社会に必要とされるサービスになります

私は今「ファンくる」を売る仕事をしていて、「ファンくる」というサービスが持つポテンシャルの大きさを日々実感しています。

将来的に、サービス業の分野ではロボットやAIが人間の仕事を代替するといわれています。今もスーパーでは無人のレジが増え、コンビニやファストフード店ではどんどんロボットが進化して、オペレーションに必要な人間の数が減っています。そうして人の仕事がどんどん減っても、覆面調査の仕事はなくなりません。
例えば、料理を作ることは将来ロボットが代替するかもしれませんが、その料理が「美味しいかどうか」を判断するのは人でないとできない。同様に、ロボットが提供するどんなサービスも、お客様が人である以上、「お客様がどう感じたのかという部分を無視することはできません。
そう考えると、これから覆面調査は社会にもっと必要とされるサービスになっていきます。AIやロボットが広まってどんな未来がくるのか、とてもわくわくしています。

昨日はこんな1日でした
9:00

出勤 メールとスケジュールの確認

その日にやるべきことの優先順位を付ける

10:00

アポイント 新規提案

★提案7つ道具★
・提案資料
・複数レポートのサンプル
・QSC速報メールのサンプル
・提案相手に向けたアンケート設問例
・費用シミュレーション(見積)
・他社のファンくる活用事例
・申込書

12:00

チームメンバーと会議

案件進捗の確認

13:00

昼食

14:00

アポイント

チームメンバーの新規提案に同行

16:00

チームメンバーと会議

17:00

既存クライアント対応

掲載内容の変更、アンケート設問の変更等

18:00

活動内容を社内システムに登録、提案資料作成

19:00

明日のスケジュールをチェックし、日報書いて退勤