NEWS
飲食店の価格高騰対策調査

苦慮する飲食店

国内最大級の顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくる」を運営する株式会社 ROI (本社:東京都千代田区 代表取締役社長:山口敬人)は、「ファンくる」導入飲食店を対象に、価格高騰についての意識調査(有効回答数10店舗)を 2022 年4月12日~4月20日に実施しました。

新型コロナウイルスによって大きな打撃を受けた飲食業界。世界的な食糧価格の高騰も懸念され、さらなる問題に直面しています。価格高騰に対して飲食店はどのように捉えているのか、どのような対策を考えているのか「ファンくる」を導入していただいている10店舗に(業態不問)にアンケートを実施し、その実態を調査しました。

今回の調査で飲食店は「食材費」と「店舗賃料」にかかるコストに最も悩まされていることがわかりました。中でも原価の高騰については90%の飲食店が問題を抱えていると回答しています。しかし、その全てで対策は考えられており、「量を減らし、価格を上げる」という措置をとるところが最も多いようです。40%の飲食店がメニューの半分以上に適用するとしています。また、値上げなどの対応をお客様に説明はしない飲食店が60%、説明をする飲食店は40%で、伝達方法はホームページによる告知としています。

【調査サマリー】
1.飲食店の悩みは「食材費」と「店舗賃料」
2.90%の飲食店が原価の高騰に問題を抱えている。
3.原価高騰の対策を考える飲食店は100%
4.最も多い対策措置は「量を減らし、価格を上げる」、対象はメニューの半分以上が最多
5.お客様へ値上げなどの説明はしないが60%

【調査結果】
1.飲食店の悩みは「食材費」と「店舗賃料」

2.90%の飲食店が原価の高騰に問題を抱えている。

3.原価高騰の対策を考える飲食店は100%

4.最も多い対策措置は「量を減らし、価格を上げる」、対象はメニューの半分以上が最多

5.お客様へ値上げなどの説明はしないが60%

食材にかかるコストは飲食店にとって深刻な悩みであり、ほとんどの飲食店が抱えている課題ということがわかりました。ドリンクやフードの分量を減らし値段を上げるという措置をとるところが最も多いことから、苦しい中でもなるべく「質」を落とすことは避けたいとする飲食店の思いもくみ取ることができました。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:飲食店
回答者:「ファンくる」を導入している飲食店
回答数:10 店舗(業態不問)
調査時期:2022 年 4月 18 日~2 月 8 日
調査項目:飲食店様向け実情調査アンケート
設問数:8
※本調査の全結果をご希望の方は、ぜひ当社までご連絡ください。
※本調査結果引用時のお願い
本調査結果の引用時には、以下のご対応をお願い申し上げます。
クレジットに「ファンくる(株式会社 ROI)調べ」と明記してください。
WEB 上で引用いただく際には、「ファンくる」(https://www.fancrew.jp/)リンク付与をお願いいたします。



【ファンくるについて】

累計 3,000 社にご利用いただいている国内最大級の顧客満足度向上プラットフォームです。全国 120 万人の会員様に実際に店舗やご自宅でモニターとなっていただき、その体験と声を収集して精緻に分析し企業様にフィードバックすることで、よりお客様の声を反映したサービスを構築していただけます。

「ファンくる」を導入することでコロナ禍においても売り上げが V 字回復している企業・店舗様も多く、これはその企業・店舗様が「ファンくる」によって収集・分析された生活者のリアルな体験と声をサービスに反映させ、リピーターの獲得、ファン作りに成功されているからに他なりません。「ファンくる」は現在、飲食店だけでなく、美容室、食品・飲料メーカーなどの幅広い事業者の方にご利用いただいています。



【会社概要】
■会社名:株式会社 ROI
■代表者:代表取締役社長 山口敬人
■資本金:1 億円
■創業:2004 年 8 月 26 日
■所在地:東京都千代田区岩本町 1-10-5 TMM ビル 4F
■TEL:03-4400-6630
■FAX:03-5809-1468
■URL:https://www.j-roi.com/
■事業内容:モニター調査サービス「ファンくる」(https://www.fancrew.jp/)」の運営・開発
顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくるクラウド CS(https://biz.fancrew.jp)」の運営・開発

【本件に関するお問い合わせ】
■株式会社 ROI (担当:広報、Email:pr@j-roi.com)

 

ARCHIVE