NEWS
飲食店のフードテック導入調査

人件費と手間の削減に大きく寄与

国内最大級の顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくる」を運営する株式会社 ROI (本社:東京都千代田区 代表取締役社長:山口敬人)は、飲食店を対象に、フードテック導入についての意識調査(有効回答数31店舗)を 2022 年6月16日~6月23日に実施しました。

多くの飲食店がコロナ禍で非接触でのサービス提供を余儀なくされた中、セルフオーダーやキャッシュレスなどフードテックと呼ばれるテクノロジーの導入をする契機にもなりました。実際にどのくらいの店舗がフードテックを導入しているのか、満足度はどの程度なのか飲食店31店舗(業態不問)にアンケートを実施し、その実態を調査しました。

今回の調査でフードテックを導入している飲食店は81%あり、「キャッシュレス」「検索・予約ツールシステム」「デリバリーサービス」を導入しているところが多くありました。特に「キャッシュレス」を導入して良かったと実感しており、人件費削減、時間の捻出という部分で助かっているという回答が得られました。

一方、導入しなければよかったと思うフードテックはほぼありませんでしたが、「検索・予約ツール」「モバイルオーダー」はあまり使いこなせていないという回答がありました。

 
【調査サマリー】
1.飲食店の81%がフードテックを導入
2.「キャッシュレス」の満足度が最多
3.フードテックにおける利点は「人件費削減」と「時間の捻出」
4.導入しなければよかったフードテックは「ない」が86%

 
【調査結果】
1.飲食店の81%がフードテックを導入

 

2.「キャッシュレス」の満足度が最多

 

3.フードテックにおける利点は「人件費削減」と「時間の捻出」

 
4.導入しなければよかったフードテックは「ない」が86%

フードテックを導入している飲食店は8割以上と多い結果となりました。導入したことを後悔している飲食店は非常に少なく、全体的に高い満足度を示しています。今後導入したいフードテックは「キャッシュレス」と「配膳ロボット」が最も多い回答となり、引き続き飲食店のフードテック導入の意向は高まりを見せそうです。

 
【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:飲食店
回答数:31店舗(業態不問)
調査時期:2022 年 6月 16 日~6 月23日
調査項目:飲食店様向け実情調査アンケート
設問数:12
※本調査の全結果をご希望の方は、ぜひ当社までご連絡ください。
※本調査結果引用時のお願い
本調査結果の引用時には、以下のご対応をお願い申し上げます。
クレジットに「ファンくる(株式会社 ROI)調べ」と明記してください。
WEB 上で引用いただく際には、「ファンくる」(https://www.fancrew.jp/)リンク付与をお願いいたします。
—————————————–
 
【ファンくるについて】

累計 3,000 社にご利用いただいている国内最大級の顧客満足度向上プラットフォームです。全国 120 万人の会員様に実際に店舗やご自宅でモニターとなっていただき、その体験と声を収集して精緻に分析し企業様にフィードバックすることで、よりお客様の声を反映したサービスを構築していただけます。
「ファンくる」を導入することでコロナ禍においても売り上げが V 字回復している企業・店舗様も多く、これはその企業・店舗様が「ファンくる」によって収集・分析された生活者のリアルな体験と声をサービスに反映させ、リピーターの獲得、ファン作りに成功されているからに他なりません。「ファンくる」は現在、飲食店だけでなく、美容室、食品・飲料メーカーなどの幅広い事業者の方にご利用いただいています。


—————————————–
 
【会社概要】
■会社名:株式会社 ROI
■代表者:代表取締役社長 山口敬人
■資本金:1 億円
■創業:2004 年 8 月 26 日
■所在地:東京都千代田区岩本町 1-10-5 TMM ビル 4F
■TEL:03-4400-6630
■FAX:03-5809-1468
■URL:https://www.j-roi.com/
■事業内容:モニター調査サービス「ファンくる」(https://www.fancrew.jp/)」の運営・開発
顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくるクラウド CS(https://biz.fancrew.jp)」の運営・開発

 
【本件に関するお問い合わせ】
■株式会社 ROI (担当:広報、Email:pr@j-roi.com)

ARCHIVE