社長ブログ

マシマシくんの飲食店食べまくり記録☆ 2019年5月

2019年7月12日

さて、今月も「マシマシくん」のお時間がやってまいりました!!
2019年5月分のスタートです。(更新がだいぶ遅くなってしまい、申し訳ありません!)
我らが代表取締役社長、益子雄児(マシマシくん)が夜な夜な出没する、美味しいお店や素敵なお店を取りまとめるこの企画。
1ヶ月間に訪れた全てのお店リストを紹介し、更にマシマシくん自身が選ぶ「厳選オススメ店」を、素敵な一押しポイントと美味しそうなお写真を添えてお知らせします!
今月のオススメは、東京のお店で全10軒です。
さてさて、2019年5月に訪れた 全49軒はどんなお店なのか!
「マシマシくんの飲食店食べまくり記録」のはじまりです~。
 

 

 
 
●現在までの記録●
– 2019年 5ヶ月間の累計訪問店舗数(のべ) 239軒


 

マシマシくんの厳選オススメ10軒

 

16. 炭火焼処 ひらこ(東京・西麻布)

https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13232545/

日本酒とのペアリングで楽しむコース料理は20品以上。
品数や美味しさもさることながら、日本酒の味わい方へのこだわりがスゴイ!
焼鳥を頬張りながら飲む日本酒、料理と交互に食すと味が変化する日本酒などなど・・・。
宮崎で同じ業態を営み、満を持して東京に出店された大将の食材と日本酒へのこだわりをひしひしと感じる素晴らしいお店でした。
 
 

20. グリル魚がしバル(東京・新橋)

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13234647/

魚がし日本一のにっぱんさんのバル業態。
新鮮な鮮魚のカルパッチョやアヒージョはもちろんですが、金華さばとたまごの瞬間燻製、プリン体 ア・ラ・モード、トルネードウィンナーエッグなど、卵&肉料理も充実(^-^)
ネーミングも提供方法もユニークなお料理ばかりでした。
接客もフレンドリーで素敵でした~。
 
 

21. 博多蕎麦酒場 蕎麦屋にぷらっと(東京・新橋)

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13225615/

新橋駅前のニュー新橋ビルの3階のリニューアル物件で、博多魚男(フィッシュマン)の森さんが開発したFC業態。
料理に独創性あるし映えるし美味しい!器も美しくドリンクもユニーク!
接客は絶好調さんがご支援とのこと。確かに接客も皆さん良い感じでした。
料理工程も軽く、メニューも立地によってアレンジ可能らしく、かなりアリな業態だと思います!
 
 

25. ロウリーズ ザ・プライムリブ(東京・恵比寿)

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13165420/

海外のステキな業態を国内で展開するのが得意中の得意、ワンダーテーブルさんの主力業態。
プライムリブは希望のサイズにカットしてくれますが、ダイヤモンドカットはなかなかのボリューム!
でもペロリといっちゃう美味しさ(^-^)
お店の雰囲気も料理のクオリティもめちゃ高いですが、何よりもスタッフさんが心から楽しんで接客サービスしている姿が印象的でした(^-^)
 
 

30. 酒場 鳩乃湯 学芸大学店(東京・学芸大学)

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13234714/

4月に学芸大学にオープンしたネオ大衆酒場。
中目黒の青コーナー、池袋のハトノーユ、代々木のわたるがビュンっを展開する近藤商会さんの新店舗。
池袋のハトノーユとはまたちょっと違った感じで、ノスタルジックながら新しい雰囲気で、料理もベーシックながらひと手間加えてあって、特にラムカツが美味しかったです(^-^)
 
 

33. トーキョーサワースタンド(東京・神楽坂)

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13231350/

神楽坂で地中海バルCirco、MANVARを経営する安田サニーさんの新業態。
本多横丁をちょっと入った1階路面ですが、可愛いロゴの暖簾があって可愛らしいファサード。
フレッシュフルーツのサワーが豊富でどれも美味しかったですが、イチオシはポテトフライ。
ベースのポテトフライにカルボナーラソースと目玉焼きをトッピングしてオリジナルテイストに(^-^)
チキングリルも美味でした〜。
 
 

45. 黒毛和牛焼肉うしくろ 東陽町店(東京・東陽町)

https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13230797/

江戸川区で大繁盛の焼肉店「うしくろ」が今年1月に東陽町にオープン。
A4A5ランクの黒毛和牛を出す焼肉店は多いけど、うしくろが提供するのは、黒毛和牛の「雌牛」。
雄牛に比べてサシがきめ細やかで、とろけるような触感、更に体に良いお肉だそうです。
産地やブランドは気にしてましたが、雌牛の美味しさを体験してファンになりました。
是非うしくろで食べてみてください~。
 
 

46. コマツ神田西口商店街(東京・神田)

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13233709/

いま博多で勢いある飲食店のひとつ、コマツグループ。
ニューコマや地下コマ、リバコマなど、「コマツ」の名前が付いた繁盛店がたくさんありますが、10店舗目のコマツはなんと東京・神田。
神田西口商店街の奥の1階路面物件で、元気な接客に前を歩くお客様が吸い寄られていきます。
博多のコマツで食べられる博多料理もカジュアルに食べられるお店です。
コマツ東京2号店目は日本橋とか。そちらも楽しみです!
 
 

48. かいだんのうえ(東京・北千住)

https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13234917/

5月にオープンした、一歩一歩グループ12店舗目の寿司業態。
場所はおでん業態の【歩きはじめ】の階段を登った二階です。なので「かいだんのうえ」なんですね。
歩きはじめ同様、マンションの一室ながらカウンターと個室があって落ち着く空間です。
オープン直後だったので、オーナーの大谷さんがカウンターで美味しい寿司を握ってくれました(^-^)
大切な人をお連れしたいお店ですね~。
 
 

49. 焼肉ホルモン笠島(東京・池袋)

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13231572/

2月にオープンしたホルモン業態。
大阪に行くと行きたくなってしまう大好きな「ホルモン坂上」と同じSASAYAグループの経営です。
斜めに傾いた特製の鉄板でホルモンを炒めてくれて、その肉汁が溜まったソースでいただく最後の締めの焼きそばは世界一美味しい!と思っています。
大阪に行かなくても世界一の焼きそばが食べられる幸せ(^-^)
朝5時まで営業してるのもニクイですね~。飲んだ後に行っちゃいます。
 
以上、2019年5月のマシマシくん食べまくり記録でした!
 
それでは、次回は、マシマシくんが5月に行ったお店の中で「サービスが素晴らしい今月の1店」と「絶対頼むべき今月の1品」を発表する「マシマシあわーど」です。
お楽しみに!!